美容や健康のために役立つ健康食品について

健康食品を日常的に利用している人が増加していますが、健康食品とはどんなものを意味するのでしょう。

日本の法制度に健康食品は定められていませんが、健康食品に対する購入者側の印象は大体同じです。

広い意味では、健康の保持増進を助けることができる食品として販売される食品のことを指しています。

混同されがちなものとして、保健機能食品制度というものがありますが、こちらは国の制度で決められたものであり、健康食品とは異なります。

国が決めた保健機能食品の条件があり、その条件をクリアしているものが保健機能食品です。

もしも保健機能食品の規定をクリアしていれば、脂肪の吸収を緩やかにする、お腹の調子を整えるなどの言葉を容器に印刷できます。

一定の条件を設けて、身体にいい食品としての表示を可能としたものが、保健機能食品と呼ばれるものです。

定められた栄養成分が含まれている商品に対して、栄養成分の表示ができるものもあり、目的に合わせて商品を選択することが可能です。ですが、健康食品にはこのような国による基準や許可は一切なく、栄養成分の表示や効能などを表示することはできません。

日本の法律上において、健康食品は一般的な食品となんら変わりは無いのです。

健康食品という分類はなくても、それを摂取することで健康にいい影響があると考えられるなら該当することになります。

法律での取り扱いは食べ物と同じですが、健康食品に含まれている栄養成分は体質を改善する効果を期待されているものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です