顔たるみが起こる原因と解消方法について

表情筋の衰えと、肌の保湿力が低下することが、顔のたるみの原因になっていることはよく知られています。

口を動かしたり、まぶたを開閉したりと、顔面を動かしているのは顔の表情筋です。表情筋は、顔の皮膚を顔面にくっつけておくためのものでもあります。

普段から会話をすることが少ない人や固いものはあまり食べない人は、表情筋が衰えやすいので顔のたるみには注意が必要です。

顔のたるみを解消するには、意識して表情筋を使う機会を増やし、顔面のトレーニングをしましょう。

あ、い、う、え、お、の5音を、口をはっきりと動かしながら発声することで表情筋は鍛えられます。

表情筋を動かすなら、声を出さずともできますので、うるさくしたくないという人でもトレーニングは可能です。

日頃から、しっかり噛んで食事をする週間をつけることも、表情筋を強化する効果が得られるようです。

毎日、適度な表情筋のトレーニングをするといいでしょう。一度にきついトレーニングをすると、筋肉に負担がかかります。

コラーゲンは年齢と共に減少していくものですが、顔のたるみができてしまう原因でもあります。

加齢と共に、皮膚で生成されていたコラーゲンがつくられにくくなると、肌の保湿や弾力を保っていたコラーゲンが減って、肌が乾燥しやすくなります。

サプリメントでコラーゲンを摂取することで、食事だけでは不足しているコラーゲンを手軽に補うことができるので、肌の調子を整えるためによく使われています。

サプリメントでコラーゲンを摂取することができれば、調理の労力も必要なく、必要な時に必要量を補充することができるので便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です