女性に特有の薄毛になってしまう原因について

薄毛対策は、どうして薄毛になったかを知り、それに合わせた方法を選ぶことが、女性の場合は重要です。

女性の薄毛の理由の一つに、ホルモンの分泌があります。

女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、頭髪の成長に関与しています。

更年期を迎えると女性ホルモンが減少して、髪の成長に影響が出て、薄毛が気になるようになります。

出産や、妊娠後の女性が、薄毛が目立つようになることがあります。

妊娠中はホルモンが多く分泌され、出産をすると女性ホルモンの分泌量が低下します。

出産したことで、妊娠前よりも女性ホルモンの分泌量が低下する女性もいます。

子供を産んだことで、女性ホルモンの量が短期間で増減することになり、抜け毛や薄毛を引き起こすことがあります。

女性ホルモンのプロゲステロンとエステロゲンは、妊娠していると分泌量が増加します。

女性ホルモンを多く分泌することで、妊娠を維持したり安全に出産をする準備をしているのです。

極端な食事制限によるダイエットが原因で、薄毛になる女性もいるようです。

極端な食事制限をすると髪の成長に必要な栄養が不足して、薄毛になってしまうことがあります。

加齢や、紫外線による頭皮の日焼けや、食事制限のやりすぎかなど、女性の薄毛対策をするにはまず要因を知るべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です